中学受験のための塾選びと家庭学習

中学受験のための塾選びと家庭学習 内容のご紹介

近年、連日のように進学塾や指導塾のCMをテレビで見かけるようになりました。学力低下が叫ばれる中、中学受験の受験者が増加しているという話もよく聞きます。

 

中学受験を考えているのであれば、家族や子供、あるいは親同士で、塾や稽古ごとなどの話をされている方は多いと思います。

 

また、家では今、どんな話をしていますか?受験や学校の選択について、どのような考えを持っていますか? 「具体的にどうしたらいいかわからない」「うちはまだまだこれからなので、まだ何も」という家庭は少なくないと思います。

 

親としては、いろいろなことを毎日学び、元気に育ちつつある子供を見て、将来のことを考えずにはいられません。

 

しかし現在の教育制度では、子供の行く手には「高校受験」「大学受験」など、大きな試練が待ち構えています。そして最近では、その前の「中学受験」という試練も一般的になってきました。

 

ここ数年、中学を受験する生徒の数が増えてきているのですが、まずはじめに「中学受験」は子供にとってどういうメリットがあるのか、よく考えなくてはなりません。

 

一般的には、「難関大学への進学に有利」が一番のメリットです。次に「授業の質が高い」「よい友達が得られる」などかあげられます。さらに「中高一貫校が多いので、勉強が集中してできる」「大学の受験勉強に専念しやすい」ということもあります。

 

一方デメリットとしては、「受験勉強が大変」「遊ぶ時間が少なくなる」のほか、中学が自宅から離れている場合は「通学に時間がかかる」「塾に通うことが大変」などがあります。

 

さらに親にとっては、「授業料が高い」「塾の費用がかかる」「塾への送り迎え」など、金銭面や生活面で負担が発生します。

 

このほかにも、勉強の進め方や気持ちの持ち方など、さまざまなことを考えていく必要があり、メリットとデメリット両面から判断しなくてはなりません。

page top